news

お知らせ

    遮熱と断熱の違い。機能性塗料の特徴

    どちらもなんとなく「熱を妨げる」という印象がありますが、「遮熱」と「断熱」の違いをシンプルに説明するのって意外と難しいものです。

    「遮」熱は、さえぎるという字のごとく、光(赤外線)を反射させるなどで遮って、太陽による日射をその先に吸収させないようにすること。

    つまり、太陽光が当たる部分における熱の遮断ということになります。

    対して、「断」熱は、熱が伝わらないようにすること、熱の移動を防ぐことです。冬など、外の温度が低く家の中の温度が高いと、そこに温度差が生じます。壁の内側から外側に向けて熱が移動することを防ぐためには、「断熱材」が必要ですね。

    この場合は太陽があるかないかは関係ありません。

    「遮熱」は赤外線などの太陽光を妨げ、「断熱」は温度差による熱移動を妨げる、ということになります。

    塗装の場合、遮熱性能としては塗布した再表面の性質が関係しており、断熱性能としてはその素材が持つ質や構成素材、厚みなどが関係していると言えるでしょう。

CONTACT

些細なことでもなんでもお気軽にご相談ください。

TEL:0436-98-2137