news

お知らせ

    塗装業者を「親方」で考える

    親方(おやかた) – 弟子を持ち、師匠の立場で指導、監督する者        ウィキペディア

     

    塗装業界でも現場で弟子職人たちを指導したり工程を進行したりする親方(おやかた)の存在は非常に大きいものです。

    ところで皆さんは「親方」という言葉に特定のイメージをお持ちでしょうか?「頑固」とか「おっかない」とか……。

    見た目や印象はさておき、昨今の親方環境に求められている大事なポイントを3つほど挙げてみましょう。

     

    お客さんが納得するところまで

    塗装において最初の計画から最後の検査まで、全ての工程をきちんと一貫管理できていることはとても重要です。

    社員が多くいる業者であれば、施工する職人と営業する人間がそれぞれいるかもしれません。そうすると、どうしてもコミュニケーショントラブルが生じてしまいやすいですね。

    現場の進行を管理している親方として、その内容全てをきちんと把握・管理し、施主に正しくわかりやすく伝わるようにするために、自身が施主との直接的な接点を持ったり、あるいは営業の時から関わったりということを工夫することもあるかもしれません。

    もちろん、少人数の事業者であれば親方自身が営業のところから関わっていくことになります。いずれにしろ、営業サイドと現場サイドのギャップを如何に小さくするかというのは、親方にかかっているものです。

    指示の出し方が大事

    職人は、親方の指示一つで左右されます。ですから、親方の指示の出し方が大事ということになります。

    聞いて二通りに解釈できてしまうような曖昧な指示を出したり、何を意味しているのかわからないような不明瞭な指示を出したりすると、現場は混乱します。

    頭の中で「自分は分かっている」というレベルでは、弟子職人たちを指導することもできませんよね。

    職人一人一人の対応力

    一方で、親方がいないとダメなのか? というテーマも大切です。いつまでも親方の存在に頼りっきりで、職人一人一人の対応力が伴っていかないなら、作業はどんどん非効率的になります。

    つまり、弟子たちや一緒に働く職人たちに、きちんと意思が伝わるとともに、親方の考えを酌んで現場における対応力が工程を支えていけるような環境を作れるかどうかというのも、親方の力量ということになります。

    技術を習得するというだけでなく、人間力やコミュニケーション能力というのも必要になってきますから、親方というのはまさに「親」そのものなんでしょうね。

CONTACT

些細なことでもなんでもお気軽にご相談ください。

TEL:0436-98-2137