news

お知らせ

    失敗しない家づくり、塗装屋視点でどうなの?

    塗装屋視点ですから、外壁塗装の観点から家づくりについて考えてみたいと思うのですが。

    家を買おうとする際、必ず考えていただきたいのが定期的なメンテナンス。5年保証、10年保証といった具合に定期的にメンテナンス調査が入ったりして、どこか補修したほうが良いところがないかどうかを確認します。

    ちょうどその頃というのは、外壁塗装についても様子を見るべきタイミングと言えるでしょう。

    では、塗装屋の視点から、どんな家を購入する・建てるのがお勧めなのでしょうか?

     

    失敗しない家づくり、塗装屋視点でどうなの?

    非常にシンプルな発想ではありますが、住宅の場合、初期費用が高くてもメンテナンス費用を抑えることができれば、長期的に見ると経済的、という見方ができます。

    例えば、レンガやタイルで外壁を造った家は、他の家では約10年ごとに必要と言われる塗り替えの必要がなく、結果的に安く維持できるという例もあります。

    もちろん、最初の建築コストが大きいわけですが、メンテナンスが不要というのは、塗装業者とのやり取りの煩わしさや外壁の劣化に伴う不安から解放されて、生活そのものに集中し続けることができるという意味では、快適な暮らしを実現するのに一役買います。

     

    サイディングにはクリア塗装がお勧め

    近年はサイディングの家が増えたと思います。外観の美しさもさることながら、物や状況によっては耐久性も長くなり、国内の住宅の中でもかなり主流の家づくりです。

    シーリング部の劣化、色褪せ、カビ・コケ・藻、ひび割れ、チョーキングなど、外壁に見られる劣化症状によってやるべきことや時期が異なりますが、平均すると10年に一度はクリア塗装などによるメンテナンスを実施することをお勧めしています。

    塗装メンテナンス不要のサイディングというのは現実には存在せず、それなりのメンテナンスコストがかかるということは新築時に正しく理解している必要があるかと思いますが、国内の住宅の約4分の3にサイディングが使用されるほどの人気仕様で、機能やデザインの観点からもよく選んで取り組めば、家づくりとしては満足の結果につながることでしょう。

     

    建物そのものだけじゃない、環境も重要なポイント

    建物の劣化は、周囲の状況に応じて緩やかな場合と激しい場合があります。

    海に近くて潮風に当たる、高台にあって雨風や埃・塵を受けやすい、台風が頻繁に来る地域で水漏れや湿気の問題が激しい、など、家そのものだけでは判断できない外的要因というのも、どんな家づくりをするかに影響しますし、土地選びの時から考えなければならないポイントです。

    もちろん、必要となる塗装メンテナンスについても、こうした状況によって作業内容や費用が大きく変わってきます。

    塗装屋としては「こういう家に住んでください」のようなアドバイスは致しかねるのですが、どんな家でも共通して言えるのは、「建てるのがゴールではない」ということ。住み始めてから解体するまで、最終的に住むご家族が「いい家だったね」と言えるような住まいこそが、本当のいい家なのだと思います。

    家づくりと塗装メンテナンスのバランスは長期的な目線が大切だということは、ぜひ覚えておきましょう。

CONTACT

些細なことでもなんでもお気軽にご相談ください。

TEL:0436-98-2137