news

お知らせ

    マナーの良い職人が選ばれる本当の意味とは

    「腕さえ良ければ、職人が多少無愛想だったりマナーが良くなかったりしても良い」と考える施主も、中にはいらっしゃるかもしれません。

    しかし、実際にはそのような「腕の良い頑固職人」が良いとされる時代は、終わっているように感じます。

    実際、良質な仕事ぶりと職人のマナーとには、とても意味深い関係性があるのです。

     

    マナーの良い職人が選ばれる本当の意味とは

    特に気になる職人のマナーには、主に「①礼儀と挨拶」「②正直さと誠実さ」「③服装や整頓」の3つの分野があります。

    礼儀の良さは、お客様への敬意の現れ。上辺だけではないきちんとした挨拶は、お客様との関係を真剣に考え、長い付き合いを通じてより良いサービスを提供しようという気持ちが反映されているものです。

    この気持ちが本物でないと、形式的な挨拶が多くなったり、上から目線で話して施主にプレッシャーを与えたりと、気持ちの良い関係を築くことが難しくなっていきます。

     

    正直なことはトラブル回避の基本

    作業中に生じうる様々な問題や課題、また、実施した施工内容について、円滑なコミュニケーションが取れるような手段を設けていることはとても重要です。

    何かがあってもそれをそのまま伝えずに施工を続けてしまって、後でやり直したり取り返しのつかないことになってしまうというのは、建築業界ではクレーム問題に発展する悪しき姿勢であると言えます。

    良い仕事をしたいからこそ、施主に報告すべきところ、相談すべきところをしっかりと述べ、手を取り合って施工に向き合っていくという考え方が大切で、そのような現場だからこそ顧客満足度も高くなっていくものです。

     

    近隣への配慮のしるしとなる服装と整頓

    「服装の乱れは心の乱れ」ということわざもありますが、この業界ではそれ以上の意味を持ちます。

    清潔感のある服装やよく整って整理整頓されている現場というのは、施主や近隣への配慮の表れでもあり、全ての仕事をきちんと行なっていることの裏付けでもあります。

    道具はきちんと管理されているか、前日の仕事がきちんと翌日に引き継がれているか、雑な作業で近隣に汚れが飛ぶようなことになっていないか。

    施主やご近所さんへの礼儀とともに、自分たちがどう見られ、現場をどのように見られるか、ということこそ、仕事における誇りにもつながります。

    良きプライドを持つ職人たちは、恐面で威嚇したり間違ったプロ意識で施主との距離を作ろうとするのではなく、施主と現場と塗装作業に真剣に向き合い、何を一番大切にするかという正しい優先順位を持っています。

    実際、後悔のない業者選びで満足度の高い結果を得た施主のアンケートに共通するポイントの多くが、職人のマナーの良さだったりします。

    代表者またはその会社が持つコンセプトやポリシーが、職人のマナーの良さにどのように影響しているのかという点も、よく確認してみると良いでしょう。

CONTACT

些細なことでもなんでもお気軽にご相談ください。

TEL:0436-98-2137