他社との比較


比較対策

遮熱塗料と断熱塗料

遮熱塗料の仕組み
遮熱塗料の仕組み

塗装における室内の温度変化に影響を与えるのは大きく分けて2つあります。

①が内部からの影響(夏:冷房等、冬:暖房等)で
②が外部からの影響(夏:太陽熱等、冬:冷気)です。

遮熱塗料の場合 = 太陽熱反射機能のみの塗料

①空調熱は、逃げていきます。
②太陽熱を反射し屋根の表面温度上昇を防ぎ室内温度を下げる事が出来ます。

※夏場は、室内温度が下がり快適になるが、冬場も太陽熱を反射してしまい寒くなる。

キルコートの仕組み
キルコートの仕組み
キルコートの場合 = 保温効果がある塗料

①空調熱を塗膜により保温して外部に逃げにくくします。(空調効率のUP)

②太陽熱は遮断してしまいますが、塗膜により外部の冷気を内部に伝えにくくするのと同時に内部の暖気を外部に逃がしにくくする効果が働きます。

効果があるキルコートが断然お得です。

他社比較 実際の実験結果 他社断熱塗料と他社遮熱塗料との比較

高い断熱性能

高い断熱性能

熱の遮断は『中空ビーズ』によって行われます。キルコートは特殊なバインダーを使用することにより、アクリル中空ビーズを
他社製品では、追随出来ない、(均一に、隙間無く)混入しています。
これにより、下記グラフのように 他社高反射塗料との違いを生み出し、高い断熱性能を有する事が可能となりました。

※某工場の外壁にキルコート、他社製品N、他社製品遮熱をそれぞれ塗布をして、表面温度と室内側温度(裏面)の温度を測定しました。

反射率が各社ほとんど同じだったので表面温度は同じだが…

反射率が各社ほとんど同じだったので表面温度は同じだが…
室内に近い裏面温度は…
室内に近い裏面温度は…

キルコートの断熱機能

日反射 … 太陽熱を反射して、建物等に残る熱量を少なくする機能。( 日反射率90%程度
断熱  … 熱、冷気を遮断する機能。( 5℃~7℃の断熱機能

キルコートは以上2つの機能を有します。
市場には日反射機能しか持たない遮熱塗料も沢山あります。

他塗り替え塗料との比較

各項目を7点満点で採点しました。

  耐久性 省エネ効果 価格 総合評価
ウレタン塗装 5年程 1 効果なし 1 安い 7 9
アクリル塗装 7年程 2 効果なし 1 安い 6 9
シリコン塗装 10年程 5 効果なし 1 普通 5 11
他社遮熱塗装 7~10年程 3 夏だけ 2 若干高い 4 9
他社断熱塗装 10年程 4 夏冬 3 特に高い 3 10
フッ素塗装 20年程 7 効果なし 1 特に高い 1 9
キルコート塗装 15年以上 6 夏冬 7 特に高い 2 15
※ 項目7点満点評価

点数を付けてみるとシリコン塗装が増えている理由がわかり、フッ素塗料や遮熱塗料断熱塗料の採用になかなか足が向かなかった理由がその総合評価点数の差が変わらない点で伺えます。
その点、キルコートは省エネ効果、耐久性、価格の面で一番費用対効果が高い塗料だとわかります。

他社比較 屋根改修方法の比較 キルコート塗装と屋根工事の比較

千葉県某工場敷地内実験

シングル屋根(キルコート塗装)ダブル折板屋根(屋根工事)裏面温度実験

千葉県某工場敷地内実験
キルコート塗布屋根 ダブルパック
裏面温度 7月9日12:00
36℃ < 34℃
7月9日15:00
30℃ > 33℃
7月9日(日照時間帯の温度変化)
33.8℃ > 34.2℃
UPする屋根荷重 約0.24kg/㎡ > 約15kg/m2
施工コスト 4,160円/㎡~ > 10,000円/㎡~
費用対効果
千葉県某工場敷地内実験
費用対効果

国の動き…グリーン購入法と省エネ改正法

グリーン購入

国が物品を購入する場合は、環境に配慮されたものを購入(グリーン購入)しなければならないとともに、国民や事業者へ教育活動や広報活動を通じて理解を深めることに努めることになっています。
国は、グリーン購入の推進のために、「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」を閣議決定しています。
また、地方公共団体も国に準じて、グリーン購入に努めることになっています。
事業者国民は、努力規定となっているが、ISO14000等を認証取得しているなどの環境意識の高い事業者は、この法律に準じて、グリーン購入を推奨しているところが多いです。

グリーン購入に基づく特定調達品目に、「高日射反射率塗料」の品目が新たに登録されました。
これにより、「キルコート」の製品はグリーン購入に基づく特定調達品目の対象となりました。

「キルコート」の製品はグリーン購入に基づく特定調達品目

【判断の基準】は、製品・塗装仕様・色相・塗装部位によって対象外となる場合があります。
対象となるためには、次の4つの条件を全て満たすことが必要です。
①対象となる製品であること②対象となる組み合わせであること(必要な場合)
③対象となる色相であること④対象となる部位に塗装すること

環境実証事業の名前やロゴマークの使用は、この技術やその性能に関して、環境省による保証・認証・認可 等を謳うものではありません

省エネ改正法対策にもお勧め

事業者様(チェーン店も含む)として省エネ対策を行っていかなければならない時代に突入しています。
『キルコート』は省エネ改正法対策にもお勧め出来ます。

押し寄せる電気代アップの波

各事業者様や家庭にまで電気代アップの波が押し寄せてきてます。
室内温度が緩和され空調使用量を削減出来る『キルコート』は非常に魅力的な商材です。